わたしのきまりの成分には石油系界面活性剤は入っている?!

シャンプーに含まれる界面活性成分の種類と違い

わたしのきまりを使用する前に知っておきたいのは。石油系界面活性剤が含まれているかどうかです。

 

その前に、界面活性剤ってなに?
という人に向けて界面活性剤の種類と効果を説明します!

 

界面活性剤の種類と効果

界面活性剤という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。
あまり良いイメージがないかもしれません。しかし、シャンプーには欠かせない成分だということをご存知でしょうか。
実はすべてのシャンプーに界面活性剤が入っていて、頭皮や髪に悪影響があるのは石油系なのです!
界面活性剤の働きは汚れを洗い流したりクリームや乳液などの水と油分を合成するための乳化剤など、シャンプーには欠かせない存在になっています。

 

けれど、石油系は安価で大量生産に向いてるけれど、洗浄力が非常に強力なので、頭皮を傷つけてしまいます。
「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」そういった原材料の文字が書かれていれば、それは石油系です。

 

安くてついつい手にとってしまうかもしれませんが、長期間でみると、デメリットしかありません。
是非、今使ってるのが石油系成分配合のシャンプーであれば切り替えを検討してみてください!

 

■種類
・石油系 界面活性剤
・植物性 界面活性剤
・アミノ酸系 界面活性剤

 

わたしのきまりに使われているのは?

合成界面活性剤は一切使用せず、天然植物系界面活性剤を使用しているから安心!

 

わたしのきまり


このページの先頭へ戻る