わたしのきまりのクリームシャンプーが今大人気!口コミや成分を検証

わたしのきまりに含まれる成分や副作用の可能性を検証!

芸能人やモデルさんも愛用している「わたしのきまり」
効果があるととても好評ですが、気になるのは配合されている成分や副作用の心配ですよね。

 

アレルギーなどで肌に触れてはいけない成分が入っていると知らずに使用して、肌荒れを起こしてしまう可能性も。。。。
そこで今回は、「わたしのきまり」の成分や、起こりうる副作用などを検証していこうと思います。

 

わたしのきまり

 

わたしのきまりに含まれる主成分

  • 水:

    特に説明する必要もない普通の水です。
    硬水や軟水と書かれていないので、いたって普通の水ではないでしょうか

  • グリセリン

    美容クリームなど化粧品の多くに入っている保湿成分です。

  • ミリスチルアルコール

    パームやヤシなどの天然植物油から採取されるアルコールで安全性が高く、肌への刺激が少ないとされています。
    頭皮に潤いを与える効果があります。

  • オクチルドドデカノール

    ミリスチルアルコールと同じように天然由来の高級アルコールの一種で、保湿効果に長けています。
    化粧水に成分として含まれていても刺激が少ないのが特徴です。

  • ドデカン

    ヤシ油やパーウ油から分子量の軽い部分だけを生成した油脂のことです。こちらも安全性に優れています。

  • ペヘニルアルコール

    高級アルコールの一種です。界面活性剤の減量として使用されることもあり、口紅や化粧品などにも使用される成分です。

  • ステアラミドプロピルジメチルアミン

    主にリンスの成分としてしようされています。
    皮ふへの刺激が少ない成分として注目されています。

  • 安息香酸アルキル

    安全と言い切れる成分ではありませんが、危険でもない成分です

  • ステアルトリモニウムプロミド

    リンスの成分として多く利用されています。

  • ハイブリッドサフラワー油

    保湿効果と髪の毛を柔らかくしてくれる効果があります。

  • フェノキシエタノール

    玉露や緑茶などで、健康に影響の少ない防腐剤として役割を担っている成分です。

  • イソプロパノール

    第2種アルコールの一種で、エタノールと同様に消毒の効果があると言われております。医療用医薬品にも使用されている成分のため、安全性に問題がない成分となります。

  • イソステアリン酸水添ヒマシ油

    洗髪したときの髪の摩擦を軽減してくれる効果とツヤを出す効果のある成分です。

  • ポリソルベート60

    肌を保護するのと乳化剤として汚れを落とす効果があります

  • 香料

    シャンプーでなくても含まれる香りつけの成分ですね!

  • クエン酸
  • BG
  • 多価アルコールの一種で、抗菌、消臭、保湿、防腐作用などの効果があります。

  • オリーブ果実油

    組成が人間の肌に近いため、肌にとても優しく安全性の高い成分です。保湿効果が高いため、頭皮や髪の乾燥を防いでくれます。

  • アルガニアスピノサ核酸油
  • ダマスクバラ花水
  • ペントナイト
  • 蜂蜜
  • 植物由来の界面活性剤
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • アルガンオイル
  • アーモンドオイル
  • マカダミアナッツオイル
  • パールエキス
  • ダマスクローズ
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • レモングラス

 

ラベンダー、ローズマリー、レモングラスは気になる頭皮のニオイを抑える為に働きかける成分です。

 

シャンプーで一番気になるのが合成界面活性剤ですが、自然由来成分のクリームシャンプーなので、頭皮にダメージを与えることなく安心して使用できます!
上記成分を見る限りでは、わたしのきまりは危険な成分は含まれていないので肌荒れや炎症の心配はなさそうです。

 

副作用の危険性はある?

特に副作用の心配はありませんが、なにかしらのアレルギーをお持ちの人は成分をよく確認してから使用するのが好ましいかと思います。
また、万が一髪や頭皮に合わないと感じた場合には早めに使用中止してください。
場合によってあ「30日全額返金」の対象として手続きが可能です。

 

わたしのきまり


このページの先頭へ戻る